マンツーマン指導の利点

講師の時間を独り占め

受験対策などで子供を塾に通わせようと考えている方は多いのではないでしょうか。塾選びの際には、集団指導とマンツーマン指導のどちらのタイプに通わせようかと頭を悩ませることも多いでしょう。両者のうちマンツーマン指導のもっとも大きなメリットは、講師の時間を独占的に使えるという点です。同じ1時間の講義でも、集団指導の場合、ある生徒の質問に講師が答えている時間は他の生徒にとっては無駄になりかねません。個別指導であればそのようなおそれはないため、より時間を有効に使って効率的に学ぶことができるというわけです。また、生徒一人だけを見ればよい分、講師としても生徒の理解度をより正確に確認でき、的確な指導が行えるでしょう。

生徒のレベルに合わせた指導が可能

マンツーマン指導のもう一つのメリットは、講師が生徒の学力レベルに合わせて柔軟に指導できるという点です。集団指導塾でもレベル別にクラスを設けているところはありますが、すべての生徒の学力がそれぞれのクラスの水準にぴったりと合うわけではありません。これに対し、個別指導の場合には、特定の水準で生徒を分類する必要がないため、例えば学力に優れている生徒については他の生徒よりも難易度の高い問題を解かせたり、逆に平均に及んでいない生徒については基礎的な問題からやらせてみるといった臨機応変な教え方ができるのです。そのため、マンツーマンは、難関校を目指したり、学校の授業についていける水準まで学力を引き上げたい子供により適していると言えるでしょう。