一般的な塾との違いはどこ?

自分に合ったレベルでの指導が受けられる

一般的な塾は大勢の生徒を相手に一人の講師が指導していくスタイルです。学校と同じような形態で、人数が多い分、生徒の間でも理解が早い子もいれば、習得に時間がかかる子もいます。塾の特徴にもよりますが、基本的には生徒の成績を伸ばし、少しでも良い学校に進学して貰いたいという思いがあります。大勢の生徒を相手にしている訳ですから、講師も一人ひとりのレベルに合わせて授業は行えません。つまり理解出来ていない生徒がいても、自分から積極的に質問しない限りは放置されてしまうのです。その点、個別指導タイプの塾であれば、マンツーマンで指導が受けられます。単に成績の良し悪しだけではなく、苦手分野や得意分野も細かく把握できるので、生徒に合った授業が出来るという訳です。

講師との信頼関係が生まれやすい

自分はあまり期待されていないと感じれば、やる気も出ません。大勢の生徒と一緒に受ける塾はライバル達から良い刺激を貰いますが、成績が思うように伸びなければ、塾の中でも目立たず埋もれた存在になってしまいます。自分から発言しなければ、講師と1対1で話す機会も無いかもしれません。個別指導の場合は、常に講師とコミュニケーションをとっていきます。大勢の前で質問しにくい子も、個別なら気兼ねなくわからない部分を尋ねられます。講師自身も1対1の間柄だと余裕を持って生徒を見守る事ができ、ちょっとした変化にもすぐ気づく事が出来ます。時に叱咤激励をし、また成績が上がった時は思いっきり誉めると、生徒も「期待されている」とモチベーションアップに繋がるものです。