生徒の個性に合わせた指導が受けられる

ココが違う?!マンツーマン授業のメリットその①

マンツーマン授業のメリットは、分からない箇所が出てきた時、他の生徒のことを気にせずに質問がしやすいという点にあります。生徒の中には、「自分のせいで授業を止めてしまっては他の生徒に悪い」「他の生徒はみんなこの問題を理解していて、自分だけが分からなかった場合に恥ずかしい」などといった理由から、積極的に質問をできない子もいるでしょう。また、勇気を出して質問をしたのに、その後の講師の返答を受けてもまだ上手く理解ができなかった場合、それ以上は聞けず分かったふりをしてしまうケースも少なくないと思います。その点において、生徒と講師が1対1で授業を受けれる環境は、自分の分からない部分を分かるまでじっくり教えてもらえることができるため、おのずと質問をする回数も増え、更には、積極的に授業に参加することで、学習意欲の向上を見込むこともできるでしょう。

ココが違う?!マンツーマン授業のメリットその②

マンツーマン授業のメリットには、他にも、講師が対象の生徒の学習ペースに合わせて授業を組み立ててくれる点にあります。複数の生徒を相手に授業をする場合、生徒全員が異なった学習ペースを持っているため、講師側が生徒に合わせることは難しく、必然的に、生徒側が講師の用意した授業に合わせて学習をするといったパターンになるでしょう。「自分の学習スタイルと担当講師の授業スタイルが合わず、学習ペースを作るのに苦労しそうだ」といった不安を持つ生徒も少なくありません。個人授業では事前に、どういったレベルで、どこに重点を置いて、どんな授業展開で進めてほしいかというような要望を生徒側から提示することが可能な場合が多く、自分の学習ペースを維持しながら学力向上を見込めます。