元々勉強が得意な子どもに合う塾とは

「得点の取り方」が学べる塾へ行こう!

各教科には、それぞれ効率的な問題の解き方というものが存在します。試験やテストを受ける際、制限時間内により多くの問題を解き、正解率を上げることも大切ですが、それぞれの問題の配点を理解し、得点配分の低い問題と高い問題に対して適正なアプローチをすることで、得点率は大きく上がります。そのため、既に学習能力が高い生徒の場合、「問題を解いて答え合わせをし、解説を聞く」という基本的なパターンだけでなく、応用編として、「高得点を取るための問題の解き方」が学べたり、「解答時間を短くするためのアドバイス」を受けられる塾を選ぶといいでしょう。次のステップにチャレンジすることで学習意欲を維持し、更なる学力アップを目指してもらいましょう。

「ライバル」が持てる塾へ行こう!

自分と似たようなレベルで切磋琢磨し合える仲間と勉強ができる環境は、学力の高い生徒ほど重要になっていきます。子どもたちの中には、「自分だけ解けない、分からない」という事にプレッシャーを感じ、勉強に更に苦手意識を持ってしまう生徒もいます。ですが、元々勉強の出来る子どもの特徴としては、応用編や難問を解くことのプレッシャーよりも、分からない問題が解けた時の喜びを期待するパターンが多いです。そのため、自分と同じような学力を持つ生徒が集まる塾で、同じように難問に挑戦する仲間と共に学習をする環境がプレッシャーになりにくく、むしろ、「次は解けるようになりたい」という向上意欲を持ちやすいため、相乗効果で学力アップが目指せます。